一部の物件では仲介手数料が無料でも、その分礼金を上乗せしている場合もあるので注意しましょう。

仲介手数料について

 

賃貸物件を探す時は不動産業者を利用するのが一般的です。

 

賃貸物件を多数抱える不動産屋は、自社で所有している物件は少なく、ほとんどが他の物件所有の個人大家の依頼を受けて、仲介という形で賃貸物件を扱っています。

 

そのため、賃貸契約をすると不動産業者に対して「仲介手数料」が発生します。

 

 

仲介手数料の相場

仲介手数料の相場は家賃の1ヶ月分です。

 

敷金や礼金は物件によって2ヶ月分や3ヶ月分の条件もありますが、仲介手数料だけは1ヶ月分よりも高い設定をしている事は少ないです。

 

最近では仲介手数料を0.5ヶ月分に設定する業者や、仲介手数料無料の物件を用意する業者も登場しています。

 

 

 

仲介手数料の必要性

賃貸の場合、貸主と借主が直接契約すれば仲介手数料は発生しません
一部のネットサービスでは直接取引のための掲示板などもあります。

 

しかし、不動産取引は複雑な法律が多く、トラブル事例が多いです。

 

  • 貸し手側は、家賃未払で立ち退きをしてくれないトラブルに巻き込まれた時のリスクが大きく直接取引を懸念します。
  • 借り手の場合は、水回りのトラブルなど貸主負担の修理に対応してもらえなかったり、契約後にすぐに立ち退きや家賃の値上げの交渉を受けるリスクがあります。

 

そのため、高い仲介手数料を払ってでも、しっかりとした業者を間に入れて不動産取引をするのは、貸し手と借り手双方にメリットがあります。

 

 

 

仲介手数料無料のカラクリ

仲介手数料無料物件では、不動産業界の手数料が一切ないように感じるかもしれません。

 

しかし、物件を借りる入居者から仲介手数料を取っていない場合は、貸主(大家)から仲介手数料を多く徴収しているので、不動産会社は利益を確保してしっかりとしたサービスを行います。

 

大家さんから見れば、所有物件を空室にしておくよりも、初期費用(仲介手数料)を多く払ってでも入居者を増やして入居率を高めた方がメリットが多いです。

 

また、賃貸の場合はフリーレントや家賃の値下げなど、契約時に条件交渉を受ける事が多いです。

 

あらかじめ、仲介手数料無料の特典を作っておくことで、その他の条件交渉を絞られる場合があります。

 

また、一部の物件では仲介手数料が無料でも、その分礼金を上乗せしている場合もあるので注意しましょう。

 

賃貸物件を探す時は、仲介手数料だけを見るのではなく、初期費用の総額や条件交渉なども総合的に見て判断する事が大切です。