フリーレント期間を告知していない物件でも、交渉次第で付けてもらえる場合があります。

フリーレントとは?

 

フリーレントについて説明する男性

 

フリーレントとは、賃貸住宅を契約した特典として、契約してから一定期間の家賃が無料になるサービスです。

 

通常、賃貸住宅は入居日ではなく契約した日から家賃が発生しますが、フリーレントがあると賃貸から賃貸への引っ越しだと2重に家賃が発生するリスクを抑え、敷金、礼金、仲介手数料、引っ越し費用など、色々お金がかかる初期費用を軽減できるメリットがあります。

 

 

フリーレントの期間

フリーレント期間は大家さんが自由に設定できますが、一般的には契約日から換算して翌月末までの期間の家賃を免除する事が多いです。

 

つまり1ヶ月以上2ヶ月未満がフリーレントの相場で、契約日が月末や月初でフリーレントの恩恵に差が出る場合があります。

 

 

フリーレントは交渉次第で付けてもらえる場合もある

物件情報にフリーレント期間を告知している物件がありますが、何も特典の表示がない物件でもフリーレント期間を交渉次第で付けてもらえる事があります

 

必ず仲介会社の営業スタッフに、何か大家さんに交渉できないか相談してみましょう。

 

ちなみに著者が賃貸物件を契約した時は「何かサービスできないですか?」と仲介会社の営業に相談した所、次のように回答がありました。

 

「もちろん、この条件では契約させませんよ。条件交渉は営業マンの腕の見せ所なんで任せてください!大家さんに条件交渉をする場合、フリーレント期間を付けるか、家賃を下げるかの2つの方法があるんですが、どっちがいいですか?」

 

この時は家賃を下げる方法を希望して3千円程家賃を下げる回答がありました。

 

もしかしたら、この物件は交渉できる見込があったのかもしれませんが、部屋を借りる時はダメ元でもいいので強気な条件交渉をしてみましょう

 

 

フリーレントで契約した場合の最低契約期間

賃貸住宅は2年ごとの更新期間の設定があっても最低契約期間は設定されていない事が多く、フリーレントを利用した場合も例外にはなりません。

 

不動産会社も大家さんも賃貸契約をした時点で多少の収入が入ってくる事や、フリーレント期間があっても引っ越しの手間やコストがあるので、極端に短い期間で退去する人はいないだろうと見込んで、フリーレント利用時でも縛り期間がある契約にする事はほとんどありません。

 

中には、家賃無料期間を考慮しても、ある程度短いサイクルで住人が入れ替わった方が部屋が綺麗な状態を維持できると短期退去を歓迎している大家さんもいます。