契約時の費用は、物件の説明のときによく確認をして、保証人・信販会社の審査問題は事前に考えて対策をとりましょう。

賃貸物件契約の時のよくあるトラブル

不動産賃貸の契約時はトラブルも多く、その場では物件が決まった安心感や喜びから深く考えずに契約をしてしまい、後から後悔やクレームを入れるケースもあります。

 

まず、契約時のトラブルの一番の要因は、契約時に発生する費用についてです。

 

賃貸契約を一度経験している方ならお分かりになると思いますが、賃貸契約時は思いのほかお金がかかります。

 

例えば家賃が月10万円。敷金・礼金が一ヶ月分ずつの内容だったとします。

 

この場合の契約時に発生する料金は、その月の日割り分の家賃。
及び翌月分の家賃に敷金・礼金・仲介手数料一ヶ月分ずつの合計40万円~50万円に加えて、火災保険の加入が必須となっているケースが多いです。

 

そのほかにも、ルームクリーニングや害虫駆除・鍵交換や水回りやガスまわりのトラブル対応サービスなど、物件選びの時には説明を聞いていないようなオプションサービスを契約時の契約書や見積書に組み入れてきます。

 

 

 

不動産屋の言いなりになって契約してしまうと、30万円ほどオプションが上乗せされてしまうというのも、賃貸の相場です。

 

こういったオプションサービスを全て省いてしまうと、綺麗な状態で安心して住み始めるのも苦労をするので、本来であれば、オプションについての説明や契約時の費用については物件の説明時に最初にしっかりしてほしいものです。

 

 

続いて、トラブルの要因となるのが、保証人問題や信販会社の審査の問題です。

 

賃貸は家賃などのお金を払えば誰でも住めるようなものではなく、保証人をたてるか保証会社をたてるなどの事が必須となります。

 

通常であれば、親や親族に頼むのが一般的ですが、それが困難なケースでは事前にしっかり、話ができている人を作っておく必要があります。

 

家賃

そして、信販会社の審査も、過去に家賃やローンを踏み倒した事があったり、しっかりした仕事の収入が確保できていないと、審査が通らず、契約をできないケースもあります。

 

せっかく、労力と時間を費やして、いい物件。折り合いの付く条件の物件を探して、ここにしようと決めても、契約時に意思とは関係なく契約できないという状況になりトラブルになるケースもあります。

 

 

しっかり、保証人・保証会社問題。信販会社の審査問題は事前に考えて対策をとっておきましょう。