気になる物件があったら、掲載されている情報は必ず全部読むようにし、過度な期待はしないようにしましょう!

ネットで賃貸物件を探すときに気を付ける事

一昔前では、賃貸物件を探すときは雑誌を買ったり、不動産屋を回ったり、物件探しも一苦労でしたが、最近はネット検索でお手軽に物件検索を行えるようになりました。

 

ですが、ネットで物件を探す場合は、細かいところまで全て読まず、大事な事を見落として検討してしまうケースも多いです。

 

簡単に、ネット検索する際の注意点を紹介いたします。

 

 

 

複数の検索サイトを使用しましょう。

HOMESや、CHINTAI・SUUMOなどさまざまな検索サイトがありますが、一つのサイトだけで探すのではなく、複数のサイトを見るようにしましょう。

 

どの検索サイトにも共通して掲載されている物件もあれば、特定のサイトでしか紹介されていない物件もあります。

 

最近はスマホアプリでも、複数の物件紹介サイトの情報を一括して見れるものなどもあります。

 

 

 

写真情報はあてにしない。

ネットで掲載されている写真情報はよく見せたり、都合が悪い部分をとっていなかったりします。

パソコンと男性

 

写真上は建物の外観がすごい綺麗に写っていても、実際に行ってみると、建物は綺麗でも、建物も周りや駐車場に草木が生い茂っていて汚かったり、収納が極端に少なかったり、洗濯機や冷蔵庫を置くと、ドアがしまらない作りだったり、ネットで見ると安くてよさげに見える物件も、実際に見てみると、検討する余地もないような物件も多くあります。

 

ネットの写真をあてにして、ほかの物件探しをおろそかにしたり、期待しすぎていると、実際に見に行ったときにがっかりする場合もあるので、ネットに掲載されている写真で期待感を持つのはやめましょう。

 

 

 

賃料以外のお金を確認しましょう。

賃料・敷金・礼金は大きく書いてありますが、共益費や駐車場代・更新料・鍵交換費用などは小さく書かれている事が多いです。

 

他にも都市ガスとLPガスで毎月の光熱費が変わってくるものもあるので、実際に月々払う生活費としていくらくらいになりそうか自分で計算するようにしましょう。

 

⇒交渉しやすい物件とは?

 

 

 

入居時期を確認しましょう

賃貸物件情報には居住中の物件も多く掲載されております。ネットでの掲載はお手軽感があり、数ヶ月先でないと入居・下見できない物件情報もあるので、引越し時期に住める物件か時期的な確認もしましょう。

 

 

 

ネット検索で出てくる物件が全てと思い込まない。

ネット検索以外にも各不動産会社は非掲載物件も多く抱えているケースがあります。

 

ネット検索で一番良さそうなところに決めるのではなく、気になる物件で問い合わせた不動産屋には、こういう事情だから、この物件が気になったと明確に理由を伝え、ほかにいい物件がないか聞いてみるといいでしょう。