豊中市は自然が豊富に残っており、医療施設や福祉施設が充実しているのも魅力です。

【住みやすい街】大阪編

 

大阪のイメージ画像

 

西日本最大の都市である大阪には、毎年多くの転入者が訪れます。
とは言え、大阪の全ての街に多くの人が転入してくるわけではありません。

 

一口に大阪と言ってもそこには住みやすい街もあれば住みにくい街もあるため、それぞれの自治体で数についてはばらつきがあるのです。

 

それでは一体、どこが住みやすい街なのでしょうか。

 

東京についてはこちら

 

 

住みやすい街は大阪市に多い

大阪府の中で住みやすいと言える街は大阪市に集中しています。

 

大阪市と言ってもいくつかの区に分かれているのですが、その中で住みやすい街として紹介できるのは以下の区です。

 

中央区

大阪市中央区は大阪で最も賑わいのある街で、西日本を代表する繁華街でもあります。

 

小さい店から大きな店まで様々な店舗が軒を連ね、ミナミ(難波・心斎橋)と呼ばれるエリアを形成しています。

 

大衆的なお店もありますし、逆に高級なブランドショップなども立ち並んでいます。

 

また中央区は大阪随一のビジネス街でもあるので、ビジネスチャンスを狙って移住したいという方にとっても住みやすい街となっています。

 

北区

大阪市北区は同じ大阪市の中央区と似た特徴を持った街となっています。

 

ミナミと並んで大阪を代表する繁華街として知られているキタ(梅田)と呼ばれるエリアがあり、ここには飲食店を中心に様々なお店が集中しています。

 

また北区にはショッピングやエンターテイメントを楽しめる施設も充実しています。
ですので、大人から子供まで楽しむことの出来るエリアとなっています。

 

さらにこの街にはJR大阪駅があるため、県内・県外を問わず交通アクセスの面についても非常に優れていると言えます。

 

西区

大阪の中で最もオシャレなスポットとされている堀江と新町があるのがこの大阪市西区です。

 

位置的には中央区のミナミに隣接した場所にあるのですが、街の雰囲気としてはミナミとは一線を画した落ち着いたものとなっています。

 

お店としては、大阪随一のオシャレスポットと言われているだけあって、カフェや雑貨屋、美容院、家具屋などが多く軒を並べています。

 

そしてその一方で、スーパーやコンビニなど日々の買い物に欠かせないお店も充実しています。
また、店が多い割に深夜まで営業しているところは少ないので、夜の喧騒とは無縁の街となっています。

 

 

豊中市の魅力

上記の3つの街以外で住みやすい街を挙げるとすれば、まず真っ先に豊中市の名前が思いつきます。
豊中市にはいくつもの魅力があります。
まずショッピングビルやスーパーなど、日々の買い物に欠かせないお店が不足なく揃っています

 

大型の施設だけでなく、コンビニや個人商店といった比較的小さな店舗も充実しているため買い物に困るということはありません。

 

次に、豊中市には自然が豊富に残っています

 

大阪市で自然が残っているエリアを見つけることは簡単ではありませんが、豊中市では緑地公園を始め自然を感じることの出来る環境が残っています

 

最後に、医療施設や福祉施設が充実しているというのも豊中市の魅力です。
ですので、子育て世帯や介護世帯の方には持って来いの環境となっています。