シェアハウスは家賃が高くても、あらゆる費用をトータルで考えると極端に割高ではありません。

シェアハウスは安い?

 

単身で、住む家は最低限の生活さえできれば構わない。
こんな考えの方がよく興味を持つのが「シェアハウス」です。

 

シェアハウスの魅力は、家の中で同居人との交流があり、1人でいるのがご嫌な人に向いているなど、お金以外の特徴もありますが、ここではシェアハウスは1人暮らしをするのと比べてお得なのか検証してみました。

 

 

シェアハウスは家賃が高い

家賃だけを見ればシャアハウスは占有面積や、同居人の人数と割った共有面積を合わせても家賃は割高です。

 

同じ家賃の予算があれば、その地域でそれなりの部屋を探せるでしょう。
シェアハウスは家賃が高い分、次のメリットがあります。

 

  • 敷金、礼金、仲介手数料などの入居費用が安い
  • 家賃に光熱費が含まれている場合がある(家賃とは別に一定額の光熱費を請求される場合もあり)
  • 冷蔵庫やクーラーなど、最低限の生活家電が揃ってる
  • 部屋の鍵や、シャワーやトイレを複数設置するなど、他人同士が一緒に生活するための部屋になってる
  • 食材のおすそ分けが多い
  • 退去費用が安い

 

このように家賃が高くても、入居、退去時の費用や生活費をトータルで考えると、極端に割高という訳ではありません

 

 

 

駅チカ物件もお手軽な価格で探せる

シェアハウス専用物件は、駅チカの好立地が多いです。

 

専有面積で考えれば家賃は割高な面もありますが、駅チカ条件の中で一般物件を探すよりも安く借りられる事が多いです。

 

ただし、駅チカで低賃料のシェアハウスは、専有面積が2段ベッドの限られたスペースしかない場合や、女性専用物件が多いです。

 

 

 

同居人との相性が重要

シェアハウスに住む人は、住人との交流を求めている人や、最低限の寝床だけを求めて必要以上の接触を避けたり嫌がったりする人がいます。

 

交流を避けようとする人でも、キッチンやお風呂、トイレなど共用使用するスペースが多いので同居人が細かい方だと、必要以上に厳しく指導されたり、嫌がらせを受ける事もあります。

 

家賃が高くても、同居人とうまく付き合う事ができれば快適でメリットが多いですが、どれだけ割安な物件でも同居人が嫌ですぐに出て行ってしまう方もいます

 

シェアハウスは初期費用と引越しが安い事から、同居人と合わないと感じたらすぐに他のシェアハウスを探して、住む所を転々とする方も多いです。