日当たり物件は家にいる事が少ない人にはデメリットが少ないです。

日当たりを妥協する

賃貸物件の相場には日当たりの良さも影響を与えますが、1人暮らしなど環境によっては日当たりが悪くても生活に支障が出ない事も多く、日当たりは賃貸物件選びの妥協ポイントとしておすすめです。

 

 

日当たりが悪い物件とは

 

方角による日当たり不良

太陽は東から昇って西に沈みますので、部屋の窓やベランダが東や西を向いている物件は東であれば午前中だけ日当たりがよく、西の場合は午後に日当たりがよくなり、人気物件として定番なのが、一日を通して日当たりがあり、朝日や夕日で日当たりの角度がきつくなりすぎる事もない南向けの物件が人気です。

 

逆に北側を向いている物件は一日を通して日当たりが悪く不人気物件となります。
賃貸物件によっては建物自体に北向きの部屋の用意がないケースも多く、北向き物件は珍しく賃貸相場が大きく下がる傾向があります。

 

 

周辺建物による日当たり不良

北向き以外の本来であれば日当たりが良い物件でも周辺の影響により日当たりが悪い物件があります。

 

一般的な住宅街であれば最低限の日当たりは建築基準法で守られていますが、駅前など密集して建物を並ぶ商業用地などでは、部屋の窓を開けるとすぐに隣のビルの壁があるといった物件もあります。

 

こうした物件は駅が近くても相場が安いケースが多く、生活リズムで日当たりが重要にならない人におすすめです。

 

 

 

日当たりが悪くても支障が無い人

 

1人暮らし

家族など複数人で生活する場合は、誰かしら家にいる時間が長くなるケースがあるので日当たりは重要ですが、1人暮らしで日中は仕事や遊びなどで出かけている事がほとんどの人などは日当たりが悪くても支障がでません。

 

1人暮らしの人では洗濯物を部屋干ししているケースも多く、日当たりが良くても雨戸を締めっぱなしという人もいます。

 

 

 

日当たりが悪いデメリット

 

電気代がかかる

家にいる事が多い人は、日当たりが悪い事で照明をつける時間が多くなったり、冬場は部屋の気温があがりにくい事で暖房をつける事が多くなります。周辺の建物の影響で日当たりが悪い物件は風通しも悪くなるので夏場はエアコンを使用する時間も増えます。

 

洗濯物が干せない

普段の選択は部屋星で対応していても、たまには布団を干すと気持ちの良いものです。
他にも大きな物で部屋干しではなかなか乾かないモノも、いざという時に天日干しできるととても便利です。洗濯物は部屋干しで良い。という考えだけで日当たりを妥協すると、あとから後悔してしまう事も多いです。