築年数を見るときは建築基準法の築年数を考慮する必要があります。

築年数を妥協する

賃貸物件を探す条件で、築年数を妥協すれば予算内で希望の立地や広さがある物件の選択肢が出てきます。

 

賃貸では、家の老朽化によって思わぬ出費が出るリスクはほぼありませんので、何かしらの条件を妥協しないといけない時にまずは築年数を妥協するのはおすすめです。

 

築年数が古いと値段交渉しやすい物件にもなってきます。

 

 

築年数を見るときは建築基準法の改正を考慮する

築年数は古ければ建物の耐震性が無く、頑丈さに欠ける強度と不安に思う人も多いですが、こうした建物の耐震性や強度を見る際には建築基準法の法改正後に建てられた物件か?という事を基準に考えると良いです。

 

 

主な建築基準法の改正

 

1981年(昭和56年)

築年数が古い建物を賃貸する際に大きなポイントとなるのが、1981年前に建てられた建物か、それ以降に建てられた建物かで選ぶようにすると良いです。

 

1981年の改正では建物の基礎に鉄筋を入れる事が義務付けられるようになりました。
阪神大震災の時には、倒壊した建物の多くが1981年以前に建てられた建物だった事もあり、住む家を選ぶ時には大きなポイントとなります。

 

1981年以降に建てられた物件であれば、耐震性はある程度は安心できます。

 

 

2000年(平成12年)

阪神大震災のあとに被害を受けた2000年に改正された内容では、地盤調査が義務化され、建物の基礎部分の構造が特定されてより耐震性が高い建物が最低基準へと変わりました。

 

より地震不安を考えるのであれば、2000年以降に建てられた物件がおすすめです。

 

 

このように現在賃貸の築年数における基準は1981年と2000年になっていて、賃貸物件を探す際は1981年以降1999年までは耐震性はあまり変わらないので90年代に建てられた物件よりも80年代に建てられた物件の方がお得感が強くおすすめとなります。

 

 

 

リフォーム物件を狙う

築年数が古い物件でも、しっかりリフォームされている物件はおすすめです。

 

特にキッチンやお風呂などの水回りがリフォームされた物件はオススメ度が高いです。

 

この他フローリング化や独立洗面台の設置・洗濯機置き場の状態など、新しい物件と比べても遜色がない環境が用意されているリフォーム物件でも家賃相場は築年数によって決まる傾向が強いので非常におすすめです。

 

結果、1981年以降に建てられた物件でしっかりリフォームされている物件が特にオススメ度が高い条件となります。